民間学童保育を利用すれば親子に嬉しいメリットがたくさん

民間学童保育についてのお勧めポイント

学童保育の室内

学童保育には大きく分けて公共(公立)と民間の二種類があることをご存じでしょうか。費用が安価な公共の学童保育に人気が集まりそうに見えますが、民間学童保育にもたくさんのメリットがあるのです。特におすすめしたい二点をご紹介しましょう。
まず、お迎え時間の融通が利くことです。公共(公立)の学童保育のお迎え時間は遅くても18時までと決められているところが多く、それまでに必ず迎えに行かなければなりません。しかし、フルタイムで働いているときっちり定時で仕事を切り上げることが難しいときもあるでしょう。民間学童保育であれば19時以降も預かってくれるところがありますし、お迎え時間の相談も可能なので安心です。
そしてなんといっても、専門の指導員のもとで学習支援サービスが充実しているということです。独自の教育プログラムを導入して学習支援を行っている民間学童保育もあるようです。公共(公立)の学童保育では学校の宿題を教えてもらえる程度であとは自由時間が多く、学習習慣が身に付きにくいのが心配ですが、民間学童保育では指導員が個別に学習指導を行ったり、習い事への送迎も付き添ってもらえるところもあり、子どもの学習意欲を支援してもらえます。

子どもを抱っこする

民間学童保育で将棋教室がある理由

学童保育とは、小学生を対象に保護者がいない間、代わりに預かってくれる施設のことを言います。運営主体の違いにより、様々な学童保育がありますが、最近では会社や学校法人などが運営をしている、民間学童保育が特に人気となっています。理由の1つとして、教育プログラムの充実さが挙げられますが、中には将棋教室がある民間学童保育もあります。 民間学童保育で将棋教室がある理由とは一体なんでしょうか。単純に将棋の知識が身に付く、お迎えを待っている間の暇つぶし…

Readmore

CHOICE CONTENTS

  • サラリーマンの男女

    民間学童保育は公立より長く子供を預けられるところもあります

    公立の学童保育は子供を預けられる時間が短く、仕事によっては早退を余儀なくされる事も多いのではないでしょうか?月に一、二度程度であればそれでも良いでしょうが、月に何度も頻繁に早退、もしくは短い勤務時間で契約しなければいけないとなると会社でのポジションにも影響を及ぼしてしまいます。そこでおすすめ出…

    Readmore

  • 勉強する

    預かりから教育までしてくれる民間学童保育

    子供が小学生になったら民間学童保育を使うと便利です。民間学童保育では、小学校が終わった放課後の時間の心配がいらなくなります。民間学童保育を利用しない場合は、小学校が終わったら自宅へ帰りますが、そうすると子供に一人で留守番をさせなくてはいけません。子供が急に具合が悪くなった時の心配、不審者の心配…

    Readmore

  • 学童保育の室内

    民間学童保育についてのお勧めポイント

    学童保育には大きく分けて公共(公立)と民間の二種類があることをご存じでしょうか。費用が安価な公共の学童保育に人気が集まりそうに見えますが、民間学童保育にもたくさんのメリットがあるのです。特におすすめしたい二点をご紹介しましょう。 まず、お迎え時間の融通が利くことです。公共(公立)…

    Readmore